FC2ブログ

静岡フィジカル研究会(通称:SPK)・・・小規模ですが、PTはじめコメディカルが集まって勉強会を開いています

2010/07/26 (Mon) 肩関節理学療法研究会行ってきました

こんにちは。たっきーです。連日の猛暑、ところによっては体温も越える暑さの中、皆様お体はいかがでしょうか?

わたくしたっきーは日差しの中、幕張で行われた肩関節理学療法研究会に行ってきました。

今回もたっきー恒例の高速バス!と出発したのですが、7台が連なる事故が蒲原トンネルであり、静岡市を出る前に渋滞!一本早く出れば…と悔やみました。
早歩きでなんとか到着、会場に入った時は一時半を少し回っておりました。講師の立花先生、高濱先生、スタッフの皆様、そして汗だくの私とパートナーになって頂いた参加者の方、申し訳ありませんでした。

100725_0816~01
会場の幕張、大きな建物で近未来的ですね。リュックにアニメ・マンガの紙袋、という集団を見かけましたが、イベントでもあったんでしょうか。SPKのアキバ系、たっきーはすっかりまぎれてしまいました。

触診は自分の「できてるつもり」が打ち砕かれ、いい課題を頂きました。
また自分の肩甲骨が前傾が強く、鎖骨も挙上しすぎている、との指摘も立花先生から頂き、自分の体を見直すいい機会となりました。

さて、開会し、パネルディスカッションでは三施設のそれぞれ異なる術式での腱板術後理学療法を聞くことができました。なかなか術後の理学療法を担当することが少ないため、貴重な知見を得ることができました。

一日目の特別講演、浜田先生の講演は近先生以来の衝撃でした。一度話を聞きたいとは思っておりましたが、期待以上、理学療法についてのヒントもそれこそシャワーのように頂き、消化できない状態。今までの自分からすると、一年後ぐらいに浜田先生のお話しの何分の一か吸収できれば…という状態です。なにしろ最新の解剖の知見から筋連結から、更に自身の五十肩の経験からアップデートされた診察法まで、惜しみ無く提供して頂いたのですから、私のオツムに一日で入るとは期待せず、まずは一週間、ゆっくり咀嚼しながら復習していきたいと思っております。

感動のあとは豪華なホテルでのナイトセミナー。まわりの参加者の方との話に花が咲き、ついつい飲み過ぎてしまいました。また高濱先生を捕まえて、自分の疑問を率直にぶつけさせて頂き、美味しい思いをさせていただきました。

100724_2356~01
暑さのあまり、替えの下着がなくなってしまい、急遽洗濯。乾燥中です。エアコンを使っているためちょうどよい加湿。ぎりぎり朝に乾いてくれました。

二日目は高濱先生の講義、メディリハに続いて二回目となりますが、メディリハから更に進化を感じました。凄い先生は、次にお会いする時に更に凄くなっているので凄くない私としては少なくとも日々の進歩の重要性を痛感しました。まず棘上筋腱について、自分なりに整理しておくことを自分の課題としたいです。

田中先生の講演は超音波を学び始めた自分にまさにピッタリの内容。「今日皆さんにはMRIの読影ができるようになっていただきたい」とのお言葉、一時間少しの講義で非常に分かりやすく教えて頂き、明日から少し画像も見て見たいと思います。
また「病院の腱板の治療成績はリハビリによって決まる」とのお言葉を頂き、座長の立花先生もおっしゃっていましたが、嬉しくもありまた大きなプレッシャーも感じてしまいました。

村木先生には、高濱先生とはまた違った解剖に関する知見をいただくとともに、貴重な質疑応答の時間の中で質問させていただきました。それにしても肩の解剖という分野でもこれだけ違う、また素晴らしい講演が聞ける、解剖の世界の面白さ、奥深さを味わえました。臨床で?な部分のヒントをかなり頂けました。また悪者(?)扱いだった肩甲骨下方回旋、前傾について非常にわかりやすい説明があったのが一番の収穫です。

山口先生のお話しは講演というより、山口ワールドに招待していただき、ボリューム満点の肩研究会の内容から更に不思議な未来の世界に足を踏み入れたような…自分のボキャブラリーのなさがうらめしいですが、まさにそんな体験でした。

最後の症例検討は座長も発表者も皆女性で、女性理学療法士のパワーを感じました。三人の発表者それぞれ臨床で苦しみながら結果を出しており、これまでの講演とまた違う、フレッシュな情報で自分にもタメになる話ばかりでした。

大変失礼ながら、三人目の質疑応答の際に、高速バスの時間が迫り、途中退出させていただきました。関係者の方々申し訳ありませんでした。

はじめての参加でしたが、充実しすぎた二日間でした。臨床の糧とすべくゆっくり噛み締めていきたいです。

たっきーの独り言 |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

たっきー&ぬっくん&モリクン

Author:たっきー&ぬっくん&モリクン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード