静岡フィジカル研究会(通称:SPK)・・・小規模ですが、PTはじめコメディカルが集まって勉強会を開いています

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/11/16 (Sat) 運動器系専門部会の研修会に参加してきました

たっきーです。一気に冷え込んできました。マフラーが欠かせません。

11月17日、静岡徳洲会病院にて、運動器専門部会主催の研修会に参加してきました。
講師は日本福祉大学健康科学部の小林寛和先生と、中部大学の宮下浩二先生です。

午前中の小林先生は「スポーツと理学療法」がテーマでした。
スポーツ分野に対して理学療法士がどうかかわっていけばいいか、現場の話も交えながら講義していただきました。
理学療法士のいい話・悪い話、両方聞けました。悪い話については常々肝に銘じておかなければ・・・・

午後の宮下先生は「投球障害に対する理学療法」
投球障害で主流となっている「股関節の可動域」「肩内旋可動域」「骨盤後傾」といった、常識となっている問題点について、さらには「理想のフォーム」についての言及もありました。
どれも大事なことですが、それにとらわれ過ぎて本質を見失ってしまいがちな自分にとっては、非常に勉強になりました。
実技も多く、内反小趾が下肢の支持性に及ぼす影響、腸腰筋を促通するためのスクワット、マルアジャストメント修正エクササイズなど、頭も体もお腹いっぱいの一日でした。

楽しい一日を過ごせましたが、一時の満足にならないよう・自分の血と肉となるようにしていきたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

たっきーの独り言 |


| TOP |

プロフィール

たっきー&ぬっくん&モリクン

Author:たっきー&ぬっくん&モリクン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。