FC2ブログ

静岡フィジカル研究会(通称:SPK)・・・小規模ですが、PTはじめコメディカルが集まって勉強会を開いています

2010/05/17 (Mon) 運動連鎖道場勉強会

山本先生の運動連鎖道場の道場生が開催している、運動連鎖道場に参加してきました。早くも12回目ですね(僕はなかなか参加できていませんが・・・

今回は海老名が開場。東海道本線と小田急線でのんびり行くことに。
2時間以上の道のりのため、モリサンから借りたペルビックアプローチを読むことに。
何度か読んだのですが、今日読んだのが一番頭に入ったような・・・文献を読むのは臨床で色々考え、悩んで、自分なりに仮設が立ってから読むとよく理解ができるような気がします。

TS3C1760.jpg
海老名駅。海老名サービスエリアは降りたことがありますが、駅ははじめてです。開けている、きれいな駅前でした。

開場は海老名駅から徒歩5分のPhysical CARE Studiosでした。
Physical CARE Studiosは理学療法士である、森重先生が、Polestar Pilates Certificateを取得してから開業しているスタジオです。森重先生はポールスターだけでなく、Franklin Method Diplomaも取得されており、勉強会でも、フランクリンメソッドをもとにした、体の動きのイメージングについて、実際に動きながらご教授していただけました。

本日の演題は4題。
ひとつめは、小谷先生による、外反母趾に関する発表。ウインパットを使った健常者と外反母趾の方の足圧中心の測定は非常におもしろかったのですが、自分が感動したのが、小谷先生が外反母趾を持つ参加者の足をスタビリティポイントを即座に探しあて、エクササイズを交えて結果を出していたことです。

ふたつめは、小関先生による、頸部と咬合の関係。小関先生は岐阜の全国学会の演題を発表してくださいました。
また演題だけでなく、顎関節に関する知見に関して色々説明してくださいました。道場でもやったはずなのに、ぬけてるところが多くありました。

みっつめは、芹沢先生による、感覚をテーマにした話。セラピスト自身の感覚の重要性についても考え直すことができました。また、ふだんの臨床で、自分が不快・負担な感情を持ってセラピーに当たることがないよう、気をつけなければならないということがわかりました。

よっつめは森重先生によるフランクリンメソッド。イメージの大事さについて、自分の体を動かして体験できました。脊柱の動きについても患者さんへのキューの参考になりました。

スタジオのブログに当日の写真もアップされました
左の写真でゴリラのような格好になったり、集合写真で前列左から二番目でいい笑顔をしているのがわたくしたっきーです。

スポンサーサイト



勉強会 |


| TOP |

プロフィール

たっきー&ぬっくん&モリクン

Author:たっきー&ぬっくん&モリクン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード