静岡フィジカル研究会(通称:SPK)・・・小規模ですが、PTはじめコメディカルが集まって勉強会を開いています

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/08 (Tue) 脊柱管狭窄症

今日は脊柱管狭窄症の話。



加齢と共に神経を囲んでいる脊柱管(背骨の神経が通る管)が狭窄(狭く)する整形外科疾患。

よく病院に行くと

『歳ですね。』

と言われる疾患です。
(還暦過ぎた人の2割近くとも言われている。)


著名人では

桂歌丸 みのもんた 大山加奈 など



代表的な症状は?

ランニングや歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、
しゃがんだり、前かがみで休むと回復するのが特徴。

また、会陰部(コマネチをする箇所)の感覚異常が生じることも。

なお、間欠性跛行(休むと回復する歩行)は閉塞性動脈硬化症(ASO)
でもみられるため、鑑別が必要。
(自転車でも症状出たらASOの疑い。)




腰を反った姿勢をとると、神経と血管を圧迫し症状が強くなるため、
できるだけ避けることを心がける必要がある。
(腰の前屈姿勢をとることにより、生理的な腰椎前弯が減少し、
脊柱管の内腔が広がるために圧迫が減少し、間欠跛行や下肢神経症状が軽快する。)


診断では

レントゲン検査(造影剤を使用してX線透視下で髄腔の変化をみるミエログラフィーも行われる)
CT,ミエログラフィーCTやMRI検査(整形外科領域では、現在リアルタイムで撮影できるMRIは存在しない)


と、ここまではウィキにも書いてある内容。

加齢で変性し、狭くなった脊柱管を広げようと思ったら
手術となりますが保存的(手術しない方法)でも症状が改善する方もいます。


腰を反ったら症状悪化、なので自然に前かがみになったりします。

患者さんは

『姿勢が悪いからだ!』

と腰を伸ばす(腰を反る)と火に油を注ぐ事になります。

過剰に腰を反る状態になる患者さんには腹筋の筋力低下や
股関節のかたさ、(伸展制限)があり、腰を過剰に反る環境
におかれている方もいらっしゃいます。
(他の部位がこれらに影響する事もあり。)

このあたりを改善する事により脊柱管の狭窄が残存していても
以前より楽になったとの患者さんからの声を聞く事も多々あります。
   (狭窄の程度によりますが。)

方法は筋トレやストレッチの併用によりますが
そこはパーソナリティーがありますので安易にここでは書けません。

という事で、今回は脊柱管狭窄症をほんのちょっぴり書いてみました。

読んで頂き有難うございました。

スポンサーサイト

ぬっくんの独り言 |


| TOP |

プロフィール

たっきー&ぬっくん&モリクン

Author:たっきー&ぬっくん&モリクン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。