FC2ブログ

静岡フィジカル研究会(通称:SPK)・・・小規模ですが、PTはじめコメディカルが集まって勉強会を開いています

2012/11/30 (Fri) クラムジー

たま~にはスポーツのお話なんかしてみます。


自分には子供はいませんが、スポーツしている子供を診たりします。

子供が成長期(中学生くらい)で一時的に技術が低下する時があるとか?

こんな現象を クラムジー といいます。

クラムジー(clumsy)とは、不器用とか、ヘタクソという意味。


なぜ?こんな現象が起きるのか??

理由は、成長に対し、体の支点、力点、作用点の変化に
感覚が追いつかず、体の動きが順応出来なくなる。

この時期は新しい技術に挑むのは適さない時期ともいわれている。

しかし、速筋繊維の発達につながるので、
スピードを要する課題を素早く遂行出来るようになったりする。

クラムジーが過ぎた時、それまで注目されていた選手が平凡になったり、
逆に目立たなかった選手が急に目立つようになったりする事もあるとか。


以上、成長時に伴う痛みのみがパフォーマンスを落とす!!
だけでは説明できないって事ですね。

読んで頂き有難うございました。

ぬっくんの独り言 |


2012/11/07 (Wed) なんて呼ぶ?

これを何て呼ぶ?
なんて呼ぶ?

呼び方で出身地がわかるらしい。

静岡県民は、ばんそうこう。
(長野、新潟、福井、石川も)

関東、関西ではバンドエイド。

東北ではカットバン。

九州はリバテープ。
(鹿児島、長崎を除く。)

北海道はサビオ。

富山はキズバンです。


なんて呼ぶ?詳細
クリックしたら拡大します。

絶対ではありませんが、そおらしい。

読んで頂き有り難うございました。

資料提供 祐徳薬品さん

ぬっくんの独り言 |


2012/07/17 (Tue) 日本臨床整形外科学会学術集会

今年最大の行事。

研究発表!!

神戸に行ってきました。

どんな研究をしたかって??




昨今の高齢化に伴い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
の方が増えています。

それに伴い、脊椎椎体骨折(背骨の骨折)の方も増えています。

高齢女性(70歳以上)の急性腰痛(ぎっくり腰)の実に7割以上が
脊椎椎体骨折と報告している先生もいます。

骨粗鬆症性脊椎椎体骨折の治療には装具(コルセット)療法が第一選択
ですが装具といっても色々あります。

それらの装具を選択するのは先生の経験や勘に頼ってるのが現状です。

そこで、今回、装具の固定力を計測するための計測法の算出。

というのが、研究テーマです。

今までは体表(外から見た)からのみの計測でしたが、
今回は骨折の好発部位をレントゲンで撮影し、装具の
有用性を検証しようという内容です。



以上、長々、駄文を読んで頂き有難うございました

ぬっくんの独り言 |


2012/06/08 (Fri) 公開講座

日曜は公開講座。

当院(松浦整形)で行われる中高年の膝痛教室。

って事でスタッフ総動員で準備中。
準備中

わかりやすくするため、膝痛寸劇も予定されてます。

右ぬっくん 左タッキー
楽しんでる?

当日は別件勉強会で参加出来ないぬっくんでした。

読んで頂き有難うございました

ぬっくんの独り言 |


2012/05/29 (Tue) 足関節捻挫

日曜は勉強会。

今回は聞く側でなく、話す側。

テーマは

『足関節捻挫』

足関節捻挫は業界では

『たかが捻挫、されど捻挫。』

とお話される先生もいらっしゃるようで奥が深いです。

特に多い内反(内側へ捻る)捻挫では外くるぶし前下方
の、前距ヒ靭帯損傷が最も多いのですが、靭帯損傷も
修復過程を経て、『さあ、歩こう。』とすると、様々な
疼痛が足部に出現する事があります。

実習生に評価してもらうと、患者さんを診てなくて

『前距ヒ靭帯損傷です。』

と胸を張って答える事ありますが、実際は違う部位。

それを評価し、治療に繋げる。

そんな話をさせて頂きました。

解剖学に基づき話したのですが
EBM(科学的根拠)に欠ける話もあるので、
この辺で。

今回、ちょっとだけ真面目に書いてみました。


以上、読んで頂き有難うございました。

ぬっくんの独り言 |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

たっきー&ぬっくん&モリクン

Author:たっきー&ぬっくん&モリクン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード